Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mukayasu/42try.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

就職面接で戸籍謄本の提出を求めるは違法なのか

Sponsored Link

違法か合法か

面接に行ったときに

戸籍謄本が必要だと言われてびっくりした人も多いようです

「なぜ必要なの?」という疑問です

法律で定める細かい文面は省略をしますが

違法か合法かの境目は

本人の能力と関係のないことへの質問(提出物も含む)

例えば

  • 女性に今後の出産予定を聞く
  • 宗教的な質問
  • 家族構成や世帯年収
  • 出生について

戸籍謄本は「出生について」に当たります

どこで生まれようが能力とは関係のない情報です

国籍確認が必要になるような

特殊業務への就職ではないかぎり戸籍謄本は必要がありません

よって強要することは違法となります

住所を聞くことも違法なのか

住所は個人情報だと面接の段階で拒否をする人もいるようです

「交通費支給の拒否」をしているの?と思えてしまいます

私も中間管理職なので面接をする機会がありますが

そんな変わった人材に当たったことはありません

個人情報の保護という言葉ばかりがクローズアップされて

面接をする側からしても

「これは聞いていいのか?」と戸惑うときもあります

住所についての質問は個人的には違法ではないと判断します

会社で必要なことは

  • 聞く権利がある
  • 答える義務がある

会社は社員の管理を義務付けられています

住所不定(不明)では管理ができているとは思えません

Sponsored Link

会社は人材です

ここからは私の個人的な意見ですが

会社の規模に関係なく

会社は人材次第で伸びたり衰えたりします

人が人を動かしているのですから

当たり前の話です

何でもかんでも

「秘密主義」「個人情報」だと拒否をしてしまっては

気持ちよく仕事ができない気がします

そしてお客様も人です

誠意をもって人と接することが何よりも大切ではないでしょうか

あなたも私も

仕事をするのはお金を稼ぐためではないでしょうか

お金や報酬はありがとうの対価なのです

>>>【プロフィール】

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする